Broad bean wilt virus-2


 リンドウに感染するBroad bean wilt virus-2(BBWV-2)を単離して全長のゲノム配列を決定し,アグロバクテリウムを用いた人工感染実験系を構築しました(Atsumi et al., 2013)。BBWV-2は,リンドウだけでなくソラマメやホウレンソウなどにも感染して病気を起こすため,農業上しばしば問題となります。構築した技術によりBBWV-2遺伝子操作と人為的な植物への感染容易なったので植物ウイルスの病原性発現機構研究の進展が期待できます。また遺伝子強制発現系としてウイルスベクターを作製し,リンドウにおける有効性を示しました(Tasaki et al., 2016)。

【参考】
Atsumi, G., Tomita, R., Kobayashi, K., and Sekine, K.-T. (2013)
Establishment of an agroinoculation system for broad bean wilt virus 2.

Archives of Virology
158:1549-1554.

Tasaki, K., Atsumi, G., Nishihara, M., and Sekine, K.-T. (2016)
Development of a Broad bean wilt virus 2-based expression vector for gentian.

Scientia Horticulturae
201:279-286.







BBWV2接種タバコ葉上の輪紋
Ring-spot symptoms on a BBWV2-inoculated Nicotiana benthamiana leaf





Comments